ストレスチェックコラム
ストレスチェックコラム

外部委託の気になる費用とその中身

2017/9/16

外部委託の気になる費用とその中身

ストレスチェックは外部業者へ委託することができます。しかし、費用や相場はどれぐらいなのかわからない方も多いでしょう。ストレスチェックを外部業者に依頼する時に気をつけたいポイントを解説します。

ストレスチェックを外部委託する場合の費用

 外部委託業者が提示する料金が各社で異なる理由に、サービス内容の違いが考えられます。そのため、外部業者毎のサービス内容を比較すれば、費用が高いのか安いのか、ストレスチェックに関する相場を掴むことができます。ストレスチェックを実施する際には、複数の費用が必要となります。主な費用としては、検査費用、集団分析費用、ストレスチェック実施者の業務費用、データ保存管理、医師の面接指導などです。

 外部業者の中には、ストレスチェック全般に関する業務をサポートしてくれる所もあります。しかし、あるひとつの業務だけを請け負う所も少なくありません。例えば、ストレスチェック検査は行うが部署ごとの分析はしない、産業医の提供はしていないなどです。

 他の外部業者より低料金だったから依頼をしたが、行ったのは検査のみというようなことでは混乱することになるでしょう。また、ストレスチェックの結果は管理保存をしなければなりません。外部業者がしてくれなければ会社で行う必要があります。そのため、外部委託業者を選ぶ際には、価格だけを見るのではなく、具体的に提供してくれるサービスや専門的な知識の有無、有料オプションの値段を比較することが大切です。

外部委託した場合の相場はどれぐらい?

 ストレスチェックを外部委託する場合、一般的な相場はどれぐらいか気になる方もいるでしょう。ストレスチェックの検査だけなら、労働者一人につき約300~1,000円です。実施するのが紙かwebWEBによっても大きく変わります。WEBで実施するほうが紙より手間がかからないため、料金が安くなる傾向にあります。ストレスチェックだけを考えれば100人規模の事業場の場合、3万~10万円前後が相場となります。

 しかし、ストレスチェックを実施する医師や保健師に支払う費用を含めれば、また変わってくるので注意してください。ストレスチェックの実施業務を専任している産業医に依頼する場合では20万程度、共同実施者では10万円程度かかります。また、ストレスチェックの面接指導を実施するとなれば、別途追加費用が必要です。

外部委託業者を選定するポイントと注意点

外部委託業者を選定するポイントと注意点

 外部委託業者を選ぶ際には、ストレスチェック制度をきちんと理解している業者かどうかを特に重視しなければなりません。例えば、ストレスチェックの結果は、本人の同意がないと事業者に提供してはいけないのですが、そういった基礎的な知識をもっていないような業者は信頼できないでしょう。

 他の注意点としては、会社の産業医と情報の共有ができるかどうかがあります。情報共有や連携が取れなければ、ストレスチェック後の面接指導にも支障が出てきます。個人情報管理について、セキュリティが整っているのかも選定ポイントになるでしょう。

 外部委託を請け負う業者には、メンタルヘルスに関連したサービスを行っている所、ストレスチェックだけを提供するIT企業があげられます。産業医を派遣する業者と連携している外部業者も少なくありません。しかし、医師資格を持っていたとしてもメンタルヘルスが専門ではない医師の場合、トラブルの原因になるため注意しましょう。ストレスチェック後の面接で対応をミスすれば、メンタル不調者が休職する、症状が悪化する場合があるためです。産業医を提供してくれる業者の場合、メンタルヘルスについての実績も確認しましょう。

 外部委託業者に依頼する際には費用だけでなく、個人情報管理を行ってくれるかどうか、医師の質は高いかどうか、会社で行う事務作業の量はどれほどになるのか総合的に考えることが大切です。ストレスチェックを外部委託しようと検討している事業主の方は、今回紹介したポイントを参考にしてみてください。

まとめ

 ストレスチェックは、平成26年6月25日に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、ストレスチェックと面接指導の実施等を義務づける制度が創設されました。

 こころの保健室は、ストレスチェック機能を兼ね備えたメンタルヘルスに特化した自社専用の保健室を、インターネット上に開設できるASPサービスです。

 厚生労働省の指針や法令にそった取り組みに必要な仕組みを、簡単かつ体系的に創り上げることができます。メンタルヘルス対策に必要な多彩な機能を備えており、細部にわたるカスタマイズで、限りなく自社に最適な保健室を創り出すことができます。

担当者様に朗報!お求めやすい料金プランできました。

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら



新着コラム

2018/10/12 日本の企業から海外勤務地で働いている場合ストレスチェック制度の対象者になるのか?

2018/10/12 地方拠点にストレスチェックをサポートできる専門スタッフが足りない場合の解決策

2018/10/12 取締役は対象者になるのか?取締役のストレスチェック義務について

2018/10/12 簡易版のストレスチェックでも厚生労働省の規定を満たしているのか?

2018/10/12 セルフのストレスチェック!携帯電話で簡単にできるストレスチェックとは?

2018/10/12 ストレスチェック制度を交えた衛生委員会が決めるべき審議事項のテーマ

2018/10/12 ストレスチェックを対応してくれる産業医師が見つからない場合実施できないのか?

2018/10/12 ストレスチェックを産業医と締結して行う場合の産業医との契約書について

s

担当者様に朗報!お求めやすい料金プランできました。

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら