ストレスチェックコラム
ストレスチェックコラム

セルフで出来るストレスチェックの内容とセルフチェックで分析できる範囲

2018/03/02

セルフで出来るストレスチェックの内容とセルフチェックで分析できる範囲

ストレスチェックは、会社に義務づけられているものもありますが、セルフチェックでもわかる範囲があります。セルフケアでは、働く一人ひとりが自分の健康を自分で守るという意識を持つことが大切です。ただし、そのために必要な知識や技法を身につけるのは誰にでも簡単にできることではないでしょう。ここでは、セルフケアのファーストステップとしてストレスへの気づきができるストレスチェックについてお話します。

セルフケアについてのe-ラーニング

 セルフケアで行えるストレスチェックは、厚生労働省が設置している働く人のメンタルヘルス・ポータルサイトでも受けられます。5分もあれば職場のストレスチェックができるのですが、その前にセルフケアを利用する流れをe-ラーニングで受けておくことが推奨されています。会社でセルフケアを案内する場合には、例えば5分でできる職場のストレスチェックを行った後にe-ラーニングを受け、締めくくりとしてセルフケアクイズに取り組んでもらうのもよいでしょう。まとめとなるセルフケアクイズを省略すれば、15分前後でセルフケアでのストレスチェックを受けてもらうことも可能です。

 ストレスチェックによってストレス反応やストレス因子が低く、ストレス対処できると判断された人については、e-ラーニングを部分的に学んでもらうのも有効です。e-ラーニングでは、普段と違う部分がないかどうか、ストレスとは何なのか、ストレスとつきあう方法、職場のメンタルヘルスケアが必要な理由、国でメンタルヘルスケアを推進している理由などを学ぶことができます。

5分でできるストレスセルフチェック

5分でできるストレスセルフチェック

 厚生労働省の「こころの耳」というサイトでは、働く人のメンタルヘルスケアを目的として様々なコンテンツを用意しています。そのなかで誰でも活用できるのが、ストレスセルフチェックです。会社に義務づけられているストレスチェックより簡易的に行えて、しかもセルフケアできるのが便利です。3分あるいは5分程度で取り組めることから、忙しくてストレスチェックの時間がとりにくいという人にも適しています。職場のストレスセルフチェックの他、疲労蓄積度セルフチェックも用意されており、自由に取り組むことが可能です。

 5分でできる職場のストレスセルフチェックでは、男性と女性に分かれた質問が用意されています。所要時間は5分とされていますが、質問項目は57問です。4つのステップにおいて職場におけるストレスの程度を調べることができ、インターネット上で質問に対する選択肢を選びクリックするだけでストレスチェックを進めていけます。質問数が多いという場合は、3分でできる職場のストレスセルフチェックもあります。こちらは質問数が23問ですから、57問の質問項目よりは気軽に取り組めるでしょう。

分析できる範囲

 ほんの数分でできるストレスセルフチェックは、本格的なストレスチェックに比べると分析できる範囲が信頼できないのではないかと懸念されるかもしれません。しかし、実は質問項目自体は、厚生労働省がストレスチェックで使用を推奨している調査票に類似しています。インターネット上でいつでも気軽に行えること、クリックしていけばスムーズに進行できる点などが時間の短縮化を可能にしています。

 3分や5分という短い時間でのストレスチェックですが、分析できる結果は信頼できます。全体的にストレスが高めか低めかという判断から、現在のストレス反応、ストレスの原因となり得る因子、コメントに加えて、ストレスケアに進んでいくことも可能です。結果を保存する方法も案内されており、後でゆっくりと確認することもできます。ストレスチェックは結果を専門家に判断してもらうことも重要ですが、このようにセルフケアで自己のストレス程度を知ることもきっかけとしては有効です。

まとめ

 ストレスチェックは、平成26年6月25日に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、ストレスチェックと面接指導の実施等を義務づける制度が創設されました。

 こころの保健室は、ストレスチェック機能を兼ね備えたメンタルヘルスに特化した自社専用の保健室を、インターネット上に開設できるASPサービスです。

 厚生労働省の指針や法令にそった取り組みに必要な仕組みを、簡単かつ体系的に創り上げることができます。メンタルヘルス対策に必要な多彩な機能を備えており、細部にわたるカスタマイズで、限りなく自社に最適な保健室を創り出すことができます。

担当者様に朗報!お求めやすい料金プランできました。

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら



新着コラム

2018/10/12 日本の企業から海外勤務地で働いている場合ストレスチェック制度の対象者になるのか?

2018/10/12 地方拠点にストレスチェックをサポートできる専門スタッフが足りない場合の解決策

2018/10/12 取締役は対象者になるのか?取締役のストレスチェック義務について

2018/10/12 簡易版のストレスチェックでも厚生労働省の規定を満たしているのか?

2018/10/12 セルフのストレスチェック!携帯電話で簡単にできるストレスチェックとは?

2018/10/12 ストレスチェック制度を交えた衛生委員会が決めるべき審議事項のテーマ

2018/10/12 ストレスチェックを対応してくれる産業医師が見つからない場合実施できないのか?

2018/10/12 ストレスチェックを産業医と締結して行う場合の産業医との契約書について

s

担当者様に朗報!お求めやすい料金プランできました。

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら