ストレスチェックコラム
ストレスチェックコラム

ストレスチェック調査票の構成についての説明

2018/02/23

ストレスチェック調査票の構成についての説明

ストレスチェックの調査票は、ストレスチェックシートとも呼ばれています。ストレスチェックシートは会社独自で作成することも可能ですが、厚生労働省が推奨する調査票を利用することや、外部に依頼することも可能です。労働者にとっては、ストレスチェックシートにどのような目的があるのか、構成がどうなっているのかが気になるでしょう。ここでは、ストレスチェック調査票の構成を説明することについてお話します。

概要と目的

 ストレスチェック制度は、改正労働安全衛生法に基づいて2014年6月25日から義務づけられています。常時雇用する従業員が50名以上いる会社では、1年に1回行うのが決まりです。ストレスチェックが義務化された背景には、3年連続で精神疾患による労災件数が過去最多の更新をされたという事実があります。これを社会問題として捉え、過重労働の緩和や量と質への対策として導入されたのがストレスチェック制度なのです。

 厚生労働省では、ストレスチェック制度を総合的なメンタルヘルス対策の取り組みのひとつとして位置付けています。会社では継続的にストレスチェック制度を実施することが強調され、働きやすい職場に実現することから生産性の向上につなげていこうというのが目的です。会社の協力なくしては実現しない問題ですが、1人1人の従業員が自身のストレス状況を把握してメンタルヘルスに目を向けることも重視されています。実際、業務内容の質や量が最適に改善され、居心地のよい職場になれば、労働者は生産性を上げることに向かいやすいでしょう。従業員の定着率の向上にもつながり、個人にも会社全体にもストレスチェックは利益になり得るのです。

制度のポイント

制度のポイント

 ストレスチェックは、心理的な負担、いわゆるストレスの程度を把握するための検査です。ストレスチェックの構成は、指定された3つの質問領域を含んでいることが重要です。厚生労働省が推奨している職業性ストレス簡易調査票はそのまま使用しても指定領域が含まれているため問題はありませんが、独自に作成する場合や外部に委託する場合には構成内容に注意する必要があります。

 3つの指定領域とは、仕事のストレス要因・心身のストレス反応・周囲のサポートに関してです。仕事のストレス要因では、職場で労働者が受ける心理的な負担の原因について質問する必要があります。心身のストレス反応は、心理的な負担からくる心身の自覚症状についての質問です。周囲のサポートは、職場で他の労働者から受けるサポートについて質問を設定します。

 ストレスチェックの質問項目は、労働者のストレス状態を判断する質問である点も重要です。この目的に沿わない質問を盛り込むことは禁止されているため、注意しなければなりません。例えば、性格や適性について質問したり、うつ病などの精神疾患についてスクリーニングをしたりするような質問は含めないことです。ストレスに対処する方法や緩和するための工夫、仕事への熱意度などについては、盛り込んでも問題ないとされています。ただし、質問項目はいずれも、科学的根拠に基づいている必要があります。

 厚生労働省が推奨している職業性ストレス簡易調査票には、3つの指定領域を含んだ質問が57項目用意されています。もっと質問数を少なくした簡易版も用意されていますから、利用に適しているか確認してみることをおすすめします。

注意点

 ストレスチェックは、労働者に対する不利益な取り扱いに利用されてはなりません。労働者によっては、ストレスチェックを受けたがらないこともあり得ます。また、高ストレスと判断されたにもかかわらず、面接指導を申し出ない人が出てくる可能性もあります。このような労働者に対して、解雇や雇止め、退職勧奨、配置転換、職位の変更などを行うことが禁止されているのです。ストレスチェックの結果を会社に開示すること自体、労働者の同意なくしては行えないと決まっています。ストレスチェックの実施前や実施時に同意を得ることも禁じられています。このようなことが定められていることを労働者に説明して理解を受けられれば、ストレスチェックはスムーズに実施できるでしょう。

まとめ

 ストレスチェックは、平成26年6月25日に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、ストレスチェックと面接指導の実施等を義務づける制度が創設されました。

 こころの保健室は、ストレスチェック機能を兼ね備えたメンタルヘルスに特化した自社専用の保健室を、インターネット上に開設できるASPサービスです。

 厚生労働省の指針や法令にそった取り組みに必要な仕組みを、簡単かつ体系的に創り上げることができます。メンタルヘルス対策に必要な多彩な機能を備えており、細部にわたるカスタマイズで、限りなく自社に最適な保健室を創り出すことができます。

担当者様に朗報!お求めやすい料金プランできました。

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら



新着コラム

2018/10/12 日本の企業から海外勤務地で働いている場合ストレスチェック制度の対象者になるのか?

2018/10/12 地方拠点にストレスチェックをサポートできる専門スタッフが足りない場合の解決策

2018/10/12 取締役は対象者になるのか?取締役のストレスチェック義務について

2018/10/12 簡易版のストレスチェックでも厚生労働省の規定を満たしているのか?

2018/10/12 セルフのストレスチェック!携帯電話で簡単にできるストレスチェックとは?

2018/10/12 ストレスチェック制度を交えた衛生委員会が決めるべき審議事項のテーマ

2018/10/12 ストレスチェックを対応してくれる産業医師が見つからない場合実施できないのか?

2018/10/12 ストレスチェックを産業医と締結して行う場合の産業医との契約書について

s

担当者様に朗報!お求めやすい料金プランできました。

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら