コラム
コラム

うつ病の疑いがあるかストレスチェックを実施しよう

2017/12/23

うつ病の疑いがあるかストレスチェックを実施しよう

近年、発症したことのある人が増えているうつ病ですが、ストレスチェックの運用によりうつ病になっている、もしくはなる可能性のある社員を把握することが出来ます。会社全体としても働く社員の体調やメンタルの管理が出来るため、重要な情報であることはもちろん社員にとっても自身の身体と心の状態を知る良い機会となります。

ストレスチェックでうつ病がわかる訳

 なぜストレスチェックを行うだけでうつ病の傾向が発見出来るのでしょうか。ストレスチェックではなにも精神的な面だけを見るわけではありません。身体、心、行動や生活習慣等の様々な面から個人の身体と心の状況をチェックします。実はうつ病の原因は未だはっきりとは解明されていません。そしてその原因となるものは一つではないと言われています。よく、うつ病は人間関係によるストレスが原因だと思いがちですが、そうとは限らないのです。ストレスと一口に言っても様々な要因が考えられます。生活環境に対してストレスを感じることもあれば、食に関するストレスを感じる人もいます。そういった内面的な事情に合わせて、仕事やプライベートの状況が合わさってうつが発症することがあります。生活習慣の乱れが原因に含まれる場合もあるのです。そのため、複数の項目から社員の健康を診断出来るストレスチェックはうつ病可能性の診断に役に立つのです。

職場でのうつ

 最近会社勤めをしている人たちの中でうつ病が増えているようなデータがあります。これは世界的に見ても増えており、全人口のおよそ4%がうつ病に苦しんでいます。うつ病患者の数は2005年時と比較しておよそ18%増加しており増加しています。うつ病などのストレス過多が原因で自殺に追い込まれる人も多いのです。うつ病は本人の意識によって症状が軽くなっていく場合があります。そのため特別な治療を必要としない人もなかにはいるかもしれません。しかし医師の中にはうつ病を病気と認識して、ひとりでどうにかしようとせず治療をしていくことが重要だと訴える人もいます。

 うつ病の治療にはしっかりとした休養が重要視されています。その他、人と会話して悩みを話すこと、薬を用いた治療法などがありますが人によってどれが一番効果的かは変わってくるものです。職場でうつ病を発症する人は真面目な性格であることが多いようです。こういった人は自身の悩みを他人に開示することを避け周りに心の状態を悟られることがない傾向にあります。うつ病は周囲による早期発見と治療が必要です。職場でのうつ発症者に見られることとして、身なりがだらしなくなる、休みが増えるなどのだらけたような態度があげられます。また、表情や会話からも元気がないことが伺えます。

 もしも職場にこのような症状が見られる人がいたとしても言わないほうが良い言葉があります。それは励ますような言葉や逆に相手を責めるような声掛けです。うつ病の人は普段よりもプレッシャーを抱えやすい状態であるため、励ましの言葉をかけるのは逆効果。傷つきやすい面もあるため、「何故そうなの?」「いつ治るの?」「もっと笑いなよ」等の責め立て焦らせるような言葉も控えましょう。ではどのような言葉をかけてあげるのがベストなのでしょうか。

 もしも職場にうつ病の症状に悩む人がいた場合、特別声をかけない、というのは案外大事なのです。どうしても会話をする時も感情的にはならずに落ち着いたトーンで声かけをしてあげましょう。また、感情に波があるのもうつ病特有です。普段より元気な様子が伺えた日に、「元気になったね!」等と安易に声をかけるのも控えておきましょう。プレッシャーを感じてしまうかもしれません。

 あなたが上司である場合、うつ病の人には十分な休養を与えてあげることも検討しましょう。しっかり休むことで状態が良くなります。休みを長期間とることが難しい場合や、本人に働く意思がある場合、またはうつ病と確定したわけではないものの症状が見られる場合には業務の量を減らしましょう。これも本人に伝えず、こっそりと調整します。そして会社の産業医や医療スタッフに該当社員についての相談をすることも忘れないで下さい。

 そんなにうつ病の人に気を配ってばかりいられない…と感じる方もいるでしょう。しかしナイーブな状態の時に放っておいて欲しいと思ったことは誰しもあるはずです。周囲がうつ病への理解を高めることも大事な環境作りかもしれません。

ストレスチェックでうつが発覚したあと

 ストレスチェックを行い、社員に中に高ストレスの判断が出た者がいた場合、担当の人事はどういった対応をとればよいのでしょうか。ストレスチェックで出る高ストレス者は社員全体の約10%程度と言われています。もちろん職場や職種によってその数値が変わってくるものです。社内でも高ストレスになりやすい職種とそうでない職種とあります。営業などノルマを負わされる厳しい環境で働く職種の方はストレスを抱えやすいと言われています。

 また、責任者や役職者も同様です。まずは、社内でストレスチェック後の高ストレス者への対応決めておきましょう。よく行うのは産業医との面談になります。産業医との面談をすることが出来る場合、本人以外に会社から勤務状況について相談することが出来ますが、もしも本人が面談を希望しない場合には、産業医や医師との面談の前に上司との社内面談を組むのもよいでしょう。その際には面談対象者を多くとることで本人に面談による余計なストレスを与えないことを心掛けます。こういった面談は普段から行うことで社員の様子の変化に気づくことも出来るため様々なメリットがあるでしょう。

 また、匿名で産業医に相談が出来る機械を設けることも重要です。なによりも避けたいのは、医師面接を希望しない高ストレス者に対しての対応が一切ないことです。うつ病をより悪化させてしまうかもしれません。

うつ病治療後に職場復帰した社員に対して

 ストレスチェックや通院、治療を経てうつ病を克服した社員が会社に復帰した場合、どのように関わりあえばよいのでしょうか。実はうつ病が治り職場復帰した人の半分は再びうつ病を発症してしまう傾向にあります。更にうつ病経験の回数が増える度に再発の可能性は高くなります。 一度うつ病になってしまった社員に対して、人事担当や上司が慎重となるのは当たり前のことです。ただ過度な配慮は不要だという声もあります。休養期間があった社員が再び休養前と同じ業務をこなすのは大変さがあります。そこで徐々に業務内容を増やすことが大切なのです。また、本人や医師から異動等の希望があった場合、可能な限り対応することで本人の就業環境はベストに近づきますが、会社全体のことも考えながらうまく調整しましょう。

 うつ病を発症している時にはプレッシャーを与えることを避けなくてはいけないと先述しましたが、復帰した後は以前のような働き方に近づけるように多少の声掛けは必要です。 うつ病を発症した社員が復帰後に再発を繰り返してしまう理由には様々ありますが、中には完治していないというケースも考えられます。復帰後すぐは本人の様子を見ながら、あくまで徐々に仕事になれさせる環境作りをしましょう。

 ストレスチェックを行った後、高ストレス者に対しての面談等の対応から休養、復帰までの流れや期間については医師や産業医だけでなく人事担当者も一緒に考えることが大事です。マニュアルを作成するなどが、スムーズな対応につながるといえます。

まとめ

 ストレスチェックは、平成26年6月25日に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、ストレスチェックと面接指導の実施等を義務づける制度が創設されました。

 こころの保健室は、ストレスチェック機能を兼ね備えたメンタルヘルスに特化した自社専用の保健室を、インターネット上に開設できるASPサービスです。

 厚生労働省の指針や法令にそった取り組みに必要な仕組みを、簡単かつ体系的に創り上げることができます。メンタルヘルス対策に必要な多彩な機能を備えており、細部にわたるカスタマイズで、限りなく自社に最適な保健室を創り出すことができます。

担当者様に朗報!お求めやすい料金プランできました。

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら



新着コラム

2018/06/29 ストレスチェックの結果によって当人の家族に伝えなければならないケースはある?

2018/06/28 ストレスチェックの結果で精神病と判断された場合に労災の対象になるのか?

2018/06/27 ストレスチェック制度の支援を産業医に依頼する際の注意点

2018/06/26 過重労働を回避するのにも効果的なストレスチェック制度

2018/06/25 医師の免許がなくてもストレスチェック制度において心理職ができる事とは?

2018/06/22 ストレスチェック制度を導入する事業主は費用の助成を受けることができます

2018/06/21 ストレスチェック制度は労働基準監督署に報告書を提出する必要があります

2018/06/20 ストレスチェックの結果次第で休暇を取る必要はあるのか?

担当者様に朗報!お求めやすい料金プランできました。

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら