コラム
コラム

ストレスチェック制度は医師や保健師を積極的に活用

2017/10/11

ストレスチェック制度は医師や保健師を積極的に活用

ストレスチェックの運用をはじめるにあたって、依頼する医師や保健師を決める必要があります。これは人事権がある担当者が関与して、労働者の不利益になる状況を防ぐためです。医師や保健師の役割、任される仕事の範囲を知って、準備のときに備えましょう。

ストレスチェックに関与する3者とは

 ストレスチェックを実際に進める担当者として、実施者、実施事務従事者、面接担当医師がいます。実施者とは、以下の役割を果たす存在です。

1. ストレスチェックの企画と評価

 ストレスチェックに先立って高ストレス者の判断基準、評価方法などを定めるのですが、これには専門的な知識が必要です。実施者は、医師や保健師の専門的知識をもとに妥当な判断基準を定めて、高ストレス者を判定することが主な仕事になります。チェックを行った後に結果を踏まえて、面接指導が必要か判断するのも実施者の重要な仕事のひとつ。面接の申し出を行わない労働者に対しては、専門機関の紹介なども行う必要があるため、関係分野のネットワークを持った人材が重宝されます。

2. 実施事務従事者に対する指示

 ストレスチェックで得られた結果に対して評価を行い、組織としての労働者ケア体制を考えていきます。労働者の個人情報に配慮しつつ結果の通知、記録の作成などを指示する仕事も実施者の重要な役割です。

 実施者は、職場環境に関して理解が深い産業医が望ましいとされています。ただし、人事権を持つ産業医は実施者にはなれませんから、依頼先は慎重に検討しましょう。

産業医が実施者になれない場合の対処法

ストレスチェック制度は医師や保健師を積極的に活用

 産業医が実施者になれない場合、人事権を持たない医師や看護師を探す必要があります。必要に応じて外部委託をするなどの工夫を行い、しかるべき人材を選定しましょう。労働者のメンタルヘルスに関する有識者が望ましいので、分野に精通した人材を紹介してもらうのも一案です。ストレスチェック代行業者に依頼し、適した人材を紹介してもらうことも可能です。コストに応じて検討しましょう。

 また、実施事務従事者は医師、保健師である必要はなく、人事や総務の担当者でも問題ありません。実施事務従事者は、調査表の回収と集計、面接指導の通知、結果の連絡などの作業を担当します。作業自体は事務であっても、守秘義務を守る必要があるため、一定の責任は伴うはずです。直属上司に結果が知られないようにするなど、一定の配慮がきちんとこなせる人材を選定しましょう。

 専門知識を持った医師や保健師の関与があることで、事務作業の精度も向上します。事務担当に専任された労働者の働きやすさを考慮しても、信頼できる実施者・面接担当者の専任が重要です。

産業医に相談して判断を仰ぐのも一案

 実施者や実施事務担当者を外部機関に委託する場合には、産業医との連携が求められます。実施者と産業医の意思疎通が上手くいかないと制度通りに運用が進まないこともあるため、担当者同士の相性や連絡の取りやすさも意識しましょう。

 産業医の持っている人脈は本人にしかわかりませんから、ストレスチェックを導入しようとしていることを相談して、判断を仰ぐのも一案です。産業医にお願いできる作業と、別途人材を用意しなくてはいけない部分をはっきりさせて、計画的に準備しましょう。自社リソースを使って提供できるもの、難しいものも一緒に明確化していくと、業者の検討もスムーズにできます。

 業者が提供してくれるサービスにもさまざまな種類があり、「実施者・実施事務担当者の紹介」と一口にいってもサポート範囲や仕事の依頼内容が変わってくることもおさえておきましょう。サービス利用に対して産業医がどのように考えているのかをよく確認して、自社に必要なサービスを提供してくれる委託業者を見つけましょう。

担当者様に朗報!お求めやすい料金プランできました。

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら



コラム 一覧

2018/03/30 ストレスチェック後、自ら面接指導を希望する労働者にはどのような対応をすべきか

2018/03/29 ストレスチェックで高ストレス者の対象になった労働者への対応の仕方

2018/03/28 ストレスチェックで面談指導が必要な対象者が次にしなければならない事

2018/03/27 ストレスチェックを受けた労働者の結果によって人事による評価は変わるのか?

2018/03/26 ストレスチェックによりメンタル不調を未然に回避し労働者の精神的な労力を負担する

2018/03/23 ストレスチェック制度を導入する目的と法律上の注意点

2018/03/22 ストレスチェックの通知をする際に気を付けなければならない人事の対応とは?

2018/03/20 ストレスチェックを外部委託で導入するにあたって人事が準備しなければならない事とは?

2018/03/02 セルフで出来るストレスチェックの内容とセルフチェックで分析できる範囲

2018/03/01 ストレスチェックの担当者の担当者はまず何を取り組めばよいのか?ストレスチェックのプログラムについて

2018/02/28 ストレスチェックの面接内容はどのようなことを質問されるのか?

2018/02/27 自分のこころをケアできない人の為にも会社で行うストレスチェックで改善

2018/02/26 過重労働対策にもストレスチェックの導入が活用できる!

2018/02/23 ストレスチェック調査票の構成についての説明

2018/02/22 社内に相談窓口がある場合のストレスチェック制度はどうなる?

2018/02/21 ストレスチェックをするだけで気持ちが楽になる事も!ストレスチェックを質問形式で行う効果とは?

2018/02/16 メンタルヘルス対策として実施するストレスチェックの必要性

2018/02/15 ストレスチェック結果の保管についてと漏洩に対する罰則について

2018/02/14 精神疾患のある社員のストレスチェックに関する注意点

2018/02/13 ストレスチェックの実施者を社内に置くことのメリット・デメリット

2018/02/09 ストレスチェック制度の実施者への契約についてと課題

2018/02/08 ストレスチェック制度の産業医の役割と高ストレス者への対応

2018/02/07 ストレスチェックの判断図に必要な質問事項の例

2018/02/06 【ストレスチェックの実施について】勤務中にするべきか、有給を使うべきか?

2017/12/25 ストレスチェックの受検率を上げるためにするべき工夫とは?

2017/12/24 ストレスチェックによって「高ストレス者」として選定される基準は何?

2017/12/23 うつ病の疑いがあるかストレスチェックを実施しよう

2017/11/28 ストレスチェックをする「実施者」の契約について

2017/11/27 ストレスチェックを実施するにあたって人事担当に予想される課題と対応策

2017/11/26 テレビ電話を使ったストレスチェックの概要と注意点

2017/11/25 カリキュラムに沿って「ストレスチェック」についての理解を深めよう!

2017/10/13 無料でできるストレスチェック~気になるメリット・デメリット~

2017/10/12 過重労働や健康障害にストレスチェック制度でメンタルヘルス対策

2017/10/11 ストレスチェック制度は医師や保健師を積極的に活用

2017/10/10 ストレスチェック制度が出来た背景とは?【精神障害による労災補償状況】

2017/10/09 ストレスチェックを導入する際、企業に必要な準備のスケジュール

2017/10/08 ストレスチェック後の面接は講習を受けた看護師や医師が行います

2017/10/07 ストレスチェックのルール作りガイド

2017/10/06 ストレスチェック導入のマニュアル

2017/09/19 ストレスチェックの報告書の書き方と提出先

2017/09/18 ストレスチェックの結果は労基署に報告しよう

2017/09/17 外部委託にするべきなのか

2017/09/16 外部委託の気になる費用とその中身

2017/09/15 ストレスチェックに助成金が使える!?

2017/09/14 ストレスチェックを行わないとどうなる?

2017/09/13 厚生労働省のストレスチェックのガイドラインとその項目

2017/09/12 ストレスチェック義務化

担当者様に朗報!お求めやすい料金プランできました。

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら