ストレスチェックコラム
ストレスチェックコラム

ストレスチェックを導入する際、企業に必要な準備の時間

2017/10/9

ストレスチェックを導入する際、企業に必要な準備の時間

ストレスチェックを導入しようと思ってから運用開始までどのくらいの時間がかかるのか、意識しておきたい準備のスケジュールを紹介します。具体的な期間や進め方を検討するにあたっての参考に活用ください。

半年程度はかかるものと考えよう

 ストレスチェックを行うと決めてから運用開始まで5~6ヶ月くらいはかかるのが通常であり、一定の期間と労力を必要とします。以下のように進めるのが6ヶ月前にはじめた場合のスケジュール例であり、さまざまな作業が発生することがわかります。

 5~6ヶ月前:安全衛生委員会の設置、衛生管理者の専任、産業医への相談などを通して適切なチェックができる運用体制を整えます。チェックを推進する担当者が制度の全枠を把握、必要な作業を明確化したうえで関係者への打診を行うため、2ヶ月程度の期間は必要と考えましょう。

 4ヶ月前:経営者の理解のもとで社員にストレスチェック実施を伝えて、導入に先立った心構えを持たせます。ストレスチェックを行う目的を明確に説明、働きやすい職場を目指していこうとする意向を周知します。

 2~3ヶ月前:ストレスチェックの具体的な方法を周知させて、職場の理解を促します。併行して、実施者などのチェック体制を明確化しましょう。厚生労働省の定める要件に合うように人材を選定する必要があるため、一定の時間を要するフェーズです。

 1ヶ月前:社内規定に従ってチェック対象者を明確化、システムへの登録を行います。質問票の準備、関係者の意識共有なども行い、チェック当日に備えましょう。システムが絡んだ運用になる場合は、問題なく動作するかの検査も必要です。

専門業者にスケジュールを相談する

ストレスチェックを導入する際、企業に必要な準備の時間

 ストレスチェックの準備は一定の時間をかけて行うものであり、最初の企画に不備があると全体に遅れが生じ、労力とコストがかさむ原因となります。厚生労働省の出しているマニュアルを参考に実施検討し、社内の人材だけでは対応が難しいと判断した場合、専門業者に相談するのも一案です。

 業者の選定レベルからサポートしてくれるコンサルタント、チェックツールを扱っている代行業者などさまざまな専門家が存在します。不安要素がある場合は、迷わず問い合わせをしてみましょう。オンラインでのストレスチェックを考えている場合はシステム整備が必要となるため、ASP業者に問い合わせすると安心です。業者に依頼する際に社内人材だけでは十分な対応が不安なことを伝えておけば、準備マニュアルや進め方の資料ももらえるため、受け取ったものに従って進めれば問題ありません。どのくらいの準備期間が必要かは利用するシステム、仕組みによっても変わってくるため、個別の相談がおすすめです。

余裕を持ったスケジュール作りが重要

 ストレスチェックは、労働者のメンタルヘルスへの配慮を企業が行うためのものであり、しっかりとしたサポート体制を整える必要があります。制度を機能させるためにも、余裕をもったスケジュールで進めましょう。関係者が認識を共有して、同じ目標に向けて活動できないと、正しく機能するシステムにはなりません。意見交換などの時間を含めたスケジュールを考えましょう。

 ストレスチェックは、導入にあたって一定のコストがかかる問題ですが、生産性向上や人材の安定などのメリットもあり、企業の利益につながるものです。制度への対応が後回しになっている企業も多いのですが、今後の早急な取組みが求められます。計画を立てるにあたっては、ストレスチェック後の企業の対応、環境改善の取組みなどについても考えておくと、より現実的に働くはずです。労働環境改善コンサルティングまで含めた包括的な支援ができる業者に相談することも視野に入れつつ、企業としての対応を今一度考えてみましょう。

まとめ

 ストレスチェックは、平成26年6月25日に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、ストレスチェックと面接指導の実施等を義務づける制度が創設されました。

 こころの保健室は、ストレスチェック機能を兼ね備えたメンタルヘルスに特化した自社専用の保健室を、インターネット上に開設できるASPサービスです。

 厚生労働省の指針や法令にそった取り組みに必要な仕組みを、簡単かつ体系的に創り上げることができます。メンタルヘルス対策に必要な多彩な機能を備えており、細部にわたるカスタマイズで、限りなく自社に最適な保健室を創り出すことができます。

担当者様に朗報!お求めやすい料金プランできました。

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら



新着コラム

2018/10/12 日本の企業から海外勤務地で働いている場合ストレスチェック制度の対象者になるのか?

2018/10/12 地方拠点にストレスチェックをサポートできる専門スタッフが足りない場合の解決策

2018/10/12 取締役は対象者になるのか?取締役のストレスチェック義務について

2018/10/12 簡易版のストレスチェックでも厚生労働省の規定を満たしているのか?

2018/10/12 セルフのストレスチェック!携帯電話で簡単にできるストレスチェックとは?

2018/10/12 ストレスチェック制度を交えた衛生委員会が決めるべき審議事項のテーマ

2018/10/12 ストレスチェックを対応してくれる産業医師が見つからない場合実施できないのか?

2018/10/12 ストレスチェックを産業医と締結して行う場合の産業医との契約書について

s

担当者様に朗報!お求めやすい料金プランできました。

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら