導入事例
導入事例

メンタルの不調について正しい知識を提供し社員に相談窓口の存在を知ってもらうことが重要です

株式会社エクシングでは、「こころの保健室」を導入し、いち早くストレスチェックを実施しています。社員のメンタルヘルス、そのケアなどについて、きめ細やかな配慮とともに取り組んでいる人事・総務部、今木さんにお話を伺いました。

「こころの保健室」をご導入いただいた経緯についてお聞かせください。

一般的に企業で働く人の中で、メンタル面の不調を感じている人が増えており、会社としてどんな対応ができるか常に考えています。2015年12月からの「ストレスチェック義務化」へ対応することが念頭にありました。また企業の安全配慮義務についても重要で、「こころの保健室」のようなweb上のASPサービスは社内に必要だと思っていました。
万が一、社員に何か起きてしまった場合、今まで以上に企業側の準備体制や対応が問われることになります。まずはメンタルの不調について、正しい知識を社員へ提供し、理解を深めてもらう必要があります。そのためにも「こころの保健室」のような、webで気軽に使えるサービスを取り入れたいと考えていました。

御社ではストレスチェックを既に実施されたそうですね。

はい。初めての実施だったので、義務化へ向けてのテスト的な意味合いもありましたが、全社員が実施しました。

社員の方々の反応はいかがでしたか?

社員の大半は、どうしても「やらされている。」そんな感じがあったと思います。ただ、これは会社の義務なので、実施することに意義があると捉えています。テスト後、各自が結果を読み自分のストレス状態について考えること、そして実際にストレスを抱えている人へ「ヘルプライン」や「健康相談窓口」の存在を知らせることに意義があります。私が結果を受け取るものではないので、もちろん中身はわかりませんし、それについてヒアリングなども行いません。メンタル的なストレスの原因は、会社の人間関係や業務内容が大半を占めており、上司や人事部には相談しづらい内容でもあります。だからこそ、社員への個人情報がきちんと守られ、メンタルヘルスについて相談できる専門家への問合せ窓口をまず知ってもらうことがとても重要です。

「こころの保健室」を導入する際、ポイントとなった点はどんなことでしょうか?

福利厚生の一部であり導入にはコストが必要です。しかし得られる効果は具体的に目には見えないので、表面的な金額では表現できないものです。ポイントとして「こころの保健室」は4社のサービスを比較して最安値であったことがまず1点としてあります。まだまだ全社的にメンタルヘルスに関する認識は低いのですが、ありがたいことに当社では経営陣のメンタルヘルスに関する問題意識も高く、導入の承認を得ることができました。導入前には、いくつかセミナーを受け、他社のストレスチェックをテストとして受けました。判定のフィードバックの文章が長く、専門用語が使われすぎて一般の方には読みづらいものや、そもそもチェックを受けるのに45分も必要になる長いものもありました。「こころの保健室」はストレスチェックが気軽に受検でき、結果も「今のあなたはこういう状態です」というだけでなく、+α(プラスアルファ)のアドバイスが含まれているのでよかったです。
そして2点目としては、eラーニングの機能が使え、カスタマイズの自由度が高いことでした。以前使っていたシステムでは、コンテンツを自社内でHTML変換しなければいけない手間だったり、同時ログインの人数が限られているなど不便な点がありました。「こころの保健室」導入後は、自社の研修教材をカスタマイズし、eラーニング機能を使っています。例えば、営業マン向けに自社アプリの使い方の習得や、コンプライアンスなど法務関連や、システムやセキュリティ関連などです。やはりメールを読むだけでは理解度は浅く、設問に答え正解するまで先へ進めないような仕組みがあり理解度が高まります。社内各部署からeラーニングの要望は年間を通じてあるので、とても重宝しています。

最後にUSENに対して、また「こころの保健室」に要望などございましたらお願いします。

全社員が心身ともに健康で、「こころの保健室」などがあっても、利用せずに済むのが理想なのですが、その存在を知らずに利用しないまま放置されては困ります。社員へ何か告知するきっかけがあればお知らせができます。そのためにも、サイトの更新頻度を高め定期的な情報発信をし、「生きたサイト」にしていただければと思います。USENさんには、メンタルヘルス関連についての最新事例や、同じ音楽を扱う企業でもあるので、音楽とメンタルケア、ヒーリングミュージックなどについての情報提供などをお願いできればと思います。

本日はありがとうございました。

サイト更新関連の打ち合わせ
サイト更新関連の打ち合わせ
最新モデル「JOYSOUND MAX」
業務用通信カラオケ
最新モデル「JOYSOUND MAX」

25.5万曲を超えるラインアップと、生演奏を元に開発した新音源で量と質の両方を強化。ユーザー投稿によるオリジナル楽曲の投稿・配信が無料になり、スマートフォン連携機能も拡充する。
左から、営業推進部 山本峰大様、宮武侑紀様、人事・総務部 今木裕介様、営業推進部 山﨑真友美様

【導入事例】株式会社エクシング 様

株式会社エクシング 様

  • 業務用通信カラオケJOYSOUNDをはじめ、家庭用、スマートフォン向けアプリなど多彩なコンテンツを提供。2015年7月には、音、映像、コンテンツ全てにこだわり開発された業務用通信カラオケの最上位モデル「JOYSOUND MAX 」(ジョイサウンドマックス)をリリースしている。
  • 〒467-0855 名古屋市瑞穂区桃園町3番8号
  • TEL:052-825-1901(代表)
  • http://www.xing.co.jp/

担当者様に朗報!お求めやすい料金プランできました。

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら

資料請求・お見積もり・デモ希望はこちら